薬剤師バイトの時給や手当をおさえておきましょう

薬剤師さんとしての心得と資格を生かした就転職のポイント

薬剤師バイトの求人情報探しに対するポイント

薬剤師バイトの求人情報を迅速に手にすることができるポイントを知っておくだけでも、高時給で無理のない範囲の情報を確実に手に入れることができます。ポイントは大きく分けて3つ存在します。
【要注意】こんな薬剤師転職サイトは絶対NGランキング!

1つが薬剤師バイトの求人サイトを利用する。もう1つがサポート体制が整った会社を利用する。最後に、一般的には出回ることが無い、いわゆる非公開求人が存在する薬剤師の求人サイトを利用する点が考えられます。

まずは自分にとって使い勝手の良いものを選択すべきですが、薬剤師バイトの中でも、時給設定が高いという魅力を存分に発揮しているものを選択したいという意向は多いはずです。

国家資格であり、一般的なバイトに比べても時給の設定が高い薬剤師バイト。他職種と比較しても2倍くらいの差はあります。東京都では2,000円を超える金額が薬剤師バイトの平均時給とされているほどです。

時給の高いところだと4,000円を超えるところも存在するほどです。これなら正職員で働くよりも月収で考えると稼げることになるかもしれません。平均的に高い薬剤師バイトの求人は、国家資格という側面に加えて、人材を求めている競合が多いからこそ、引く手あまたの状況が時給設定を引き上げているのです。

薬剤師バイトの勤務先としては、高時給という条件に的を絞って選択すると、調剤薬局が多いのが現状です。しかも、地方の調剤薬局の方が時給設定に恵まれている傾向があります。短期での募集を行っているというところもあるため、ある程度の期間で大きな収入を稼ぎ出すことも夢ではありません。

薬剤師バイトとはいえども、住宅手当がついたり、社員のための住宅が利用できるなど、待遇面での手厚さが魅力に感じられるようなものまで存在します。平均的な時給でも構わないというのであれば、規模はさまざまですがドラッグストアの薬剤師バイトも見つけられます。

どのようなコンセプトで働きたいかによっても、薬剤師バイトは多様な選択肢が用意されています。住まいの近くで働くところを探したいという場合であっても、選択に迷うほどの情報が見つかるのではないでしょうか。
我孫子東邦病院

大人気職業! 看護師になる方法とは?

誰かを助ける、誰かのために仕事をするということにやりがいを感じる方は少なくありません。そういった仕事の代表的な存在である“看護師”は、今では男性にも人気の職業となっています。

手取りも良く、医療系に携わるということは社会的にもプラスのイメージを持たれることが多いですし、大変な仕事ではありますがその見返りも十分なものです。

そんな看護師ですが、まず看護師になるためには国家資格が必要です。なので、今回はその国家資格を取得する幾つかの手段について御説明していきたいと思います。

国家資格を得るためには、看護師に関係した学校で看護系の教育を受けることが絶対条件です。介護士ならそれらの手段以外にも経験年数や資格数で、国家試験を受けることが可能なのですが、看護師ですとそうはいきません。

ですので、看護専門学校、看護系短大、看護大学のいずれかを卒業して国家試験を受けるための資格を得る必要があるんですね。

ここで一つ注意としまして、専門学校や短大は一般的に二年制を採用している場所が多いのですが、看護では三年制となっています。それだけ知識を必要とする仕事なので致し方ないのですが、くれぐれも学費には注意しておきましょう。

それ以外にも、昼間定時制という看護学校も存在しています。こちらでは医療施設に勤めながら学ぶことが可能なため、収入を得ながら看護師を目指すことも可能です。

また、医療の世界は日進月歩となっており、求められる知識がどんどん多くなっています。なので、採用する側としては専門学校、または短大卒の方よりも看護大学を卒業した人の方が好ましいのは事実です。

看護師はどこも不足傾向にありますので就職先に困るということはないと思いますが、就職後に楽になるためにはやはり看護大学です。そのことから看護大学では倍率が高く、入試の難易度も高く設定されている場所が多いので予備校に通う、などの対策も十分あり得ます。

備考としましては、社会人から看護師への転職を考える場合に一般的な大学を卒業した方の場合は、最初から二年生へと転入できる措置を取っている場所もあります。

そして正看護師と比べるとどうしても待遇で劣ってしまう部分はあるものの、二年の教育を受けて資格を取得できる“准看護師”という職業もあります。看護師へと転職する場合でもパターンは幾つかありますので、御自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

看護師が仕事をやめたくなる時期

看護師として仕事をしていると、いくつかの辞めたくなる時期があります。まずは、就職して数か月後です。就職したてのころは、病院内のオリエンテーションや研修などが多く、身体的な疲労はあまりないかもしれません。

新人に頼める仕事も少ないので、帰宅も早い可能性があります。数か月すると、担当の患者さんを受け持ち自己責任での仕事が増えてきます。勉強しなければならないことも多く、先輩に注意される頻度も多くなります。

また、仕事が進まないので残業も増えてくるので1回目の辞めたい時期に入ります。しかし、同期などがいれば一緒に頑張ろうと励ましあったり、愚痴をこぼしてストレスの発散をすることでこの辞めたい時期を乗り越えられることが多いです。

また、新人の研修が思ったより充実しておらず、自分はこのままこの病院で1人前になれるのかと不安になり、病院を変えたいと思う方もいます。いざ病院に入職してから、研修が十分でないために転職をする可能性もあるので、就職前の病院選びはとても大切です。

大変な新時代を乗り越えられると、仕事にも慣れ、少し楽しくなってくる時期がきます。このころに転職を考える方は少ないです。数年たって、1人前になり、経験年数でいうと3~6年あたりの時に2回目の辞めたい時期がやってきます。

このころには、仕事も任されることが多くなってきて、後輩のサポートもしなくてはいけなかったり、係などの日々の業務とは別で時間を割く仕事が増えたりします。そういう仕事をしているうちに、仕事だけをしている自分でいいのかと考える時期でもあります。

また恋人がいて結婚を考えている場合には、今まであまり意識していなかった長く働くための職場の条件なども考えだします。例えば、出産後も働きやすかや福利厚生はしっかりしているかなどです。

入職当初は、問題にしていなかったことがよく考えるとこの病院ではやっていけないなと考え転職する場合もあります。また、相手がいなくとも1人前になると、次は自分の今後のキャリアを選択していきます。

認定看護師になるとか、大学院に進学する方もいますし、病院だけでは経験が少ないからと訪問看護などにうつる方もいます。そのタイミングで転職をしなかった場合には、同じ場所に10年以上勤めている場合も多いです。

看護師という仕事柄、どこの場所でも仕事はあると思われています。また、5年以下で病院を退職しても一般社会人とは異なりすんなり受け入れてくれる病院も多いため、転職という考えは比較的身近なものです。

ただ、転職を数多く繰り返している場合には、雇う側も何か問題があるのではないかと思いやすいので、むやみな転職ではなく、きちんと考え、吟味した転職が必要です。