薬剤師の資格を取得するまでの流れは?

薬剤師さんとしての心得と資格を生かした就転職のポイント

薬剤師になるまでの道のり

薬剤師の資格は国家資格であるため、国家試験に合格しなくてはなりません。 薬剤師免許を取得する国家試験の受験資格は、薬学系の大学か薬学部の薬学科を卒業しなくてはなりません。そして国家試験に合格して、やっと薬剤師になれるのです。

一般的な大学や、短大、専門学校を卒業しただけでは薬剤師の受験資格は得られません。 また、もちろんですが独学の人も受験資格は得られません。 従来は薬学部も他の学部と同じように4年制でしたが、2006年度から6年制へと変更されました。

薬剤師を目指してはいないが薬学の勉強をしたい人のために、4年制の課程もある薬学部もまだありますが、薬剤師国家試験は6年制を卒業した人しか受験できませんので、薬剤師を目指している人は間違えないように注意しましょう。

薬剤師の資格は、必ず薬剤師国家試験を合格しなくてはなりません。 では、その薬剤師国家試験ってどんなものなのでしょうか? まず、実施されるのは年に1回3月に2日間です。 卒業見込みのある6年生が3月に受験をして、4月からすぐに薬剤師として働き始める人がほとんどです。

試験が実施される会場は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県の9都道府県です。 試験科目は基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関係法規および薬事関係制度です。 試験は選択問題が240問出題され、受験料は6.800円で合格発表は試験実施後の4月に行われます。

薬剤師の国家試験の合格率は80%未満であり、まだ4年制だったころはきちんと真面目に学んでいる人ならば合格できる程度でした。 しかし、6年制に変わってからは問題などが大幅に変わり、問題数が多くなり試験分野も広がりました。

ただ、それでも合格率が低下したというわけではありませんが、今後難易度が高くなる可能性もありますので、しっかりとした国家試験対策が必要となってきます。 しかし、6年制に変更されたことで、今まで病院と薬局での実務実習は4~6週間と非常に短かったのですが、5ヶ月に延長されましたので即戦力となる薬剤師が年々増えてきていることになります。

これは薬剤師の活躍が今後期待されている証拠であり、今後ますます幅広い分野で活躍できるようになる考えられます。 薬剤師を目指している人は、まずは薬学部へ入学しましょう。