薬剤師の転職には、薬局のチェーン店がおすすめです

薬剤師さんとしての心得と資格を生かした就転職のポイント

薬剤師の転職で薬局を選ぶならチェーン店がおすすめ

薬局と言ってもドラッグストア内や、個人経営の薬局など様々なスタイルがありますが、転職や就職をするとき、どちらが良いのか悩んでしまう人もいます。 どちらが良いかというのは、個人の感じ方やお店にもよりますのではっきりとした正解はありませんが、参考にするならば、あなたがどれくらいの年月働きたいかによるのではないでしょうか。

もしも転職する気はない、または10年前後は同じ所で働き続けたいのであればチェーン店の方がおすすめです。

まず個人経営の薬局についてですが、経営者や後継者の有無であなたの将来性が左右されます。 また、スキルアップすることや勤務年数が長くなることで昇給を望むのであれば、個人経営の薬局で叶えることは難しいでしょう。

チェーン店よりも高い給与をもらえる個人経営の薬局もあります。 しかし、スキルや経験に応じて昇給を望むのであれば、目先の給料だけを見るのではなく最初は低くてもしっかりステップアップできる職場なのかどうかで選ぶようにしましょう。

では、一方のチェーン店の場合ですが、こちらはきちんとした報酬体系が確立されているので、スキルや経験によって確実に昇給することができます。 最初は給料は安いかもしれませんが、長く働きたいのならば、昇給・昇進が期待できるチェーン店がオススメだと言えます。

また、マニュアルや研修制度も整っていますし、勉強会があるチェーン店もありますので、未経験の薬剤師や、ブランクのある人にとっては働きやすいのではないでしょうか。

ただし、デメリットとしては店舗間での人事異動が多いことです。 店舗数が多いため仕方のないことなのですが、家の近くやよく行く街で働き続けたいという人にはデメリットだと思います。

しかし、長く勤めていれば人間関係があまり良好と言えない環境になることもありますし、人事異動が多いことはかえってメリットになることもあるのです。 そのチェーン店は人事異動をする場合どの範囲で異動になるのか、しっかり把握しておく必要があります。 それが許容できる範囲であれば、是非求人に応募してみると良いと思いますよ。

チェーン店か個人経営を選ぶかそれぞれ好みやメリットの違いがありますので、自分に合うと思った方を選ぶことが一番です。