薬剤師が目指すべき理想像とは?

薬剤師さんとしての心得と資格を生かした就転職のポイント

どんな薬剤師が理想的なの?

人材を育成する際に重視する部分とは、その職業にとって理想的な部分であると言えます。 薬剤師も理想的な薬剤師像というものがあり、また薬剤師としては相応しくない薬剤師も存在します。 では、理想的な薬剤師とはどんな薬剤師なのでしょうか?

まずはコミュニケーション能力がある薬剤師です。 薬剤師に限ったことではありませんが、コミュニケーション能力にプラスして社会常識がある人が理想的なのです。

一体どういうことなのかというと、朝は「おはようございます」お礼をいう時は「ありがとうございます」ときちんとした日常的な挨拶が出来る人が理想的な薬剤師なのです。 これは理想というよりも、出来て当たり前のことですが、最近きちんと挨拶ができない人たちが増えているのです。

もしあなたが調剤薬局で働くとしたら、処方箋を渡された時に「こんにちは。薬剤師の◯◯です。処方箋をお預かりしますね」ときちんと挨拶や自己紹介ができるようにしましょう。 上から目線で対応する傾向がある人は、きちんと挨拶をいうところから始めてみましょう。

また、薬剤師は人間力のある人が理想的です。 知識や技術はもちろん必要ですが、これは経験を積むことにより、いくらでも修得できることです。 しかし、人間力はそうはいきません。 薬剤師にとって大切なのは信頼と人間的な魅力なのです。 やはりこれも挨拶をすることから始まります。

そして、患者さんに対して「弱者」だとは思わないことです。 患者さんは薬剤師よりも薬に詳しくはありません。 むしろ初めて飲む薬なら薬に対しては無知なのです。

それは当たり前のことなのですが、専門家である薬剤師と素人である患者さんという見方をしてはいけません。 しかし、これは相手を喜ばせることで自分も喜べるようになると解決する問題だと考えられます。

あなたがもし、薬剤師として働いて仕事のやりがいを感じるのはどんな時か聞かれたら、「患者さんにありがとうと言われること」と答えられるような薬剤師になることが理想的なのです。

多くの薬剤師はそう答えているようです。 もし、理想的な薬剤師になりたいのであれば、このようなことを理解していれば、きっと理想的な薬剤師になれると思います。